どしゃぶりの雨の中、、、西武ドームのエクストリームを見に行ってきました。
今日はミニチュア部門ということで、シェルティやジャックラッセル、コーギーが中心でしたが、
なんとダックス、ヨーキーも参加してました!
自分の背丈ほどのバーをジャンプする姿はほほえましいながらも、ちょっと体のことが心配に。。
 
----
 
さて、今日の目的は、飼いたいと思って探しているジャックラッセルのパワーを感じること。
本当にあのパワーを受け止める自信が自分にあるかの確認です。
やっぱりジャックラッセルはすごかった。
弾丸のようにつっぱり、その姿はオリンピック選手のようです。
(勢いがありすぎてクリアできずにタイムをロスしてしまう子も・・ ^^;)
なによりも、競技に参加している子は、今まで見たたくさんの犬たちの中でも
だんとつに輝いている。本当にうれしそうなのだ。
やはり、犬種やその子の性格を理解し、その子が楽しいと思えることを
エクストリーム競技として実現させてあげているのだな、と感動しました。
犬って、こんなに生き生きとして走るものだなんて!!
----
ですが、今回私の中で一番印象に残ったのはシェルティの大活躍っぷり。
実家ではシェルティを飼っていたのですが(もう亡くなってしまいました)
見かけのイメージからか、おっとりした犬種だと思っていました。
ところがところが大間違い。
なんと華麗にジャンプし、かけぬけていくことか。
そりゃそうだよね。
牧羊犬の血が流れているんだもんね。
あぁ、私は何も理解してあげられていなかったんだなぁ。
クッキーは本当に幸せだったのかな。
と亡くなった実家の犬に想いをはせてしまいます。
 
 
人間が犬を「ペット」としてかわいがる関係ではなく、
人間も犬もお互いが楽しく暮らしていけるようにするためには、
やはり犬のことをどれだけ理解しようとしているか、なのだなと改めて思う。
クッキーに何もしてあげられていなかった、  
そんな想いも、今回ドッグトレーナーを目指そうと思ったきかっけの一つです。
ただいい子になるような「しつけ」をするのではなく、
犬が輝いて生活できるようなアドバイスができるトレーナーになりたい。
この気持ちは忘れないようにしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です