前回に引き続き、プロについて考えた今日の学校でした。
プロとアマの違いっていう定義はあちこちで語られてるけど、
今日教わったことは意外と目からウロコ。
 
 
 
「そのオーナーさんとわんちゃんにあったやり方を
 選択してあげられるのがプロの仕事。」
  ̄ ̄ 

 
  
これって、今の時代ならではの「プロ」像なんだろうな。
インターネットで検索すれば情報なんていくらでも手に入る時代ならでは。
 
 
ちょうど今私は、新しく勉強することばかりなので、
情報にまどわされないようにテレビや本にも警戒して接していたところでした。
ずっと犬といっしょに生活されている方の方が私よりずっと詳しいし、
そんな中で私はプロになれるんだろうか、と不安になっていたところでした。
でも、トレーナーの先生から
「どの情報も間違ってない。
 最初はどんどんテレビや本なんかの情報も吸収していって
 引き出しを多くすることが大切。
という言葉に、ちょっと楽になれた。
 
 
そうなんだ。
その手法は誰かには有効だったから紹介されている訳で
間違えているものなんて一つもないのだ。
ただ、それが
目の前にいるお客様に合う方法かどうか判断できること、と
みようみまねじゃなくて、きちんと意味を理解して
正しいやり方で実践できるかどうか、が
プロとアマの分かれ目なんだ。
 
  
なんとなく、自信がわいてきた週末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です