今の家も学校も気に入っているけれど、もし引っ越すなら?ということで、
テニスで有名な Wimbledon にやってきました。

駅前は地方都市といった感じで、何でも揃う大きな町。
Wimbledon Common というHeathに似た広大な公園を目指して歩くこと15~20分、
ショップもレストランも洗練されている高級住宅街が出現。


ブラブラしてたら、こんなかわいいディスプレイも発見。長靴のお散歩?


そして、Organic & Fairtrade のレストランで、ちょっと贅沢なランチをいただく。
急に冷え込んで風邪気味だったので、ジンジャーのスープがうれしかった♪

ごはんがおいしいだけでなく・・何といっても、英語がきれい。
やっぱりお金持ちエリアは違うわぁ。
いつもお店で何かを買うと "anything else?" と聞かれるのですが、
直訳すると「他には?」だからぶっきらぼうな感じがしていました。
でも、英語自体がフランクな言語だからそんなものなのかな?と思っていたら、
ここではちゃんと "Do you need anything else?" と聞かれました。
ちょっとぶつかっただけでも、"I'm so sorry" だし。(普通は "Sorry" だけ。)

私がそんなハイクラスの人が使う英語が使えなくても問題ないのでしょうけれど、
日本人としては、いかに丁寧に伝えるか、って気になるじゃないですか。

英語にも敬語がたくさん存在することがわかってきた今日この頃です。

あ、引っ越しの方はなしでした。
学校も普通、駅近のフラットはなさそう、しかも家賃は今より高くなりそう、centralにも遠くなるのに、とメリットなし。お金が余る程あって、学校も行かなくていいなら、こんな所に住んでもいいなぁ。(あり得ないけど。)


DOG&FOXという名前のパブ。看板もかわいい♪


Wimbledon Common(公園)の入り口。すっかり紅葉の季節です。


Wimbledon と言えば、乗馬も有名。
馬が通った後、どうしてるのかなぁ、と常日頃思っていたのですが、道路はちゃんとお掃除してるんですね。

引っ越しはともかく、いろんな町を訪ねてみるのって、楽しいですね。
わりと落ち着いた街しか訪ねたことがないけれど、本当はちょっと危ない所にも行ってみたい・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です