Sunny and chilly.


 
青空の下を歩くと、なぜかうれしくなるね。
 

 
日の入りが早いイギリス、寒さの厳しい北海道、
そんな3年を過ごして、春のありがたさが身にしみるのは犬も同じ。
 
ずっと本調子でなかった犬が、タタタッと走る姿を見て、ちょっぴり安心。
少しずつ体力を戻していこうね。
 

 
幸せの足あと。
 
私たちの前にお散歩に来た方と犬2頭。
いっしょに歩く楽しそうな姿が見えるような足あとで、何だかほっこり。
 

 
楽しい?
 
ちょっぴりニタニタ。
やっぱりあったかいとうれしいのかな。
 
でも、ほんとは風が冷たくて、耳当てをもってこなかったのを後悔する程。
お天気がいいと、つい油断しちゃうね。
 

 
川をのぞきこんでいるのかと思ったら、散策路でした。
地面って下からもあったかくなるのかなぁ。
まだまだ公園は真っ白ですが、所々こうして地面が顔をのぞかせています。
 

 
どうした??
写真のためのポーズ??
 
のわけないか。
突然立ち止まり、何か言いたげな犬。
どっちに行きたいという主張をするでもなく、何だったんだろう?
 
 
まだまだ降っては融けての繰り返しの札幌ですが、すっかり道路は乾いて運転も楽々。
春は恋しいけれど、
雪がなくなるのも寂しくて、
残り少ない雪散歩を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です