このblogでは、愛犬リン(ジャックラッセルテリア)の成長を記録していきたいと思います。
毎日新しいことを学習して、どんどん変わっていきます!
■今日できたこと
 ハウスに入るとフードがもらえることを覚えた
 楽しんでトレーニングできた
■今日の新しいこと
 【食感】納豆一粒、人参(生)ひとかけら
      (どっちもちょっと遊びながら、最終的には全部食べた。)
 【音】建築現場の大きい音(ちょっとこわがっていた)
    大通りの車の往来
 【人】たくさんの中学生を窓越しに 
■今日の記録
 【ごはん】12g×4回
      各ハウストレーニング約10回+口の中をさわって1粒
 【トイレ】 相変わらず水をたくさん飲むせいか、おしっこの回数が多い。
       うんちは、朝一、ご飯後もしくはご飯後一眠りした後の5回。
 【遊び】 遊びは控えて、だっこ散歩やハウストレーニングで頭を使って
      疲れさせるように。
 【社会化】だっこ散歩で15分。
      児童公園⇒建築現場⇒駒沢通り
■今日のトレーニング(しつけ):ハウストレーニング3日目
 【目的】
  「ハウス」の指示でキャリーに入る
  ハウスの中で落ち着いて待てる
 【昨日のレベル】
  フードで誘導して、ハウス内に体全体が入れる
 【今日のレベル】
  ハンドシグナルの手にはフードをもたず、ハウスの方向を指すだけでハウスに入れる
  ハウスに入ればフードがもらえることを理解し、自分から入って待つように。
 【トレーニング方法】
  入口正面から「ハウス」の声の指示+ハンドシグナルでハウスを指す
  ハウスに入って少ししたらフードを与える
  徐々に距離を伸ばしていき、できなかったら距離を戻す
  +自分で勝手にハウスに入った時も、入っている間はできるだけほめ続ける。
 【気づいたこと】
  人が左、犬が右の位置関係でないと失敗する。
  まだ現段階では同じ位置関係で距離だけ長くする。
  ただし、途中で止まってしまっても再度指示を出すと入る
  中にいればフードがもらえることがわかってからは、ぴょんぴょんはねてうれしそうにハウスに入るように。
  また、トレーニング以外の時でも、おなかがすいた時などに自分で勝手に入って待つことも。
■今日の失敗談
 甘がみの回数は減ってきたように思うが、まだ興奮するとかみにくる。
 ハウスに閉じ込めて無視していたら、中でそそう・・・
 やはり閉じ込めるのは絶対だめ。
 ハウストレーニングを最優先して、落ち着かせる方法を見つけよう。
■今日の一言
 楽しくトレーニングすることの大切さを改めて感じました。
 あんなにぴょんぴょんはねて楽しそうにハウスに入る姿を見ると、
 あぁやっぱり怒るんじゃなくてほめまくって教えようと思うのでした。
 リン、ちょっと大きくなったかな。心なしか重くなったような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です