今日動物病院で居合わせた方のお話にちょっと思うところあり。
7歳のゴールデンレトリバーちゃんだったのですが、
初めて狂犬病の注射に来たとのこと。
初めて・・???
と思いつつも冷静をよそおいつつ会話を続けると、
「この子は絶対かまないから大丈夫だと思ってたんだけど、
 健康保険に入ろうと思ったら、ワクチン接種が条件だったので来ました。」
との理由らしい。
うーーーん、法律で義務づけられているのを知っているかしら?というモラルの問題もあるけれど、
何より、「うちの子はかまないから」の部分にひっかかりました。
確かにゴールデンという犬種は噛む子はほとんどいないといわれているので、
問題なさそうにも思えますが、何かのひょうしにびっくりして・・ということが考えられない訳でもありません。
適当な指示しかしてないのに「なんでおすわりしないの!」と怒っていたり、
あまりうまく犬をコントロールできているようには見えませんでしたし。
(しかもチョークチェーン使ってました・・)
これってかなり危険です。
こういった人と犬との信頼関係では、いつ問題が起こってもおかしくありません。
うーん、ドッグトレーナーの存在って、本当に大切だなと改めて思ってしまいました。
この方に決して悪気がある訳ではないのでここでとりあげるのは申し訳ないのですが、
知識がないために、犬にとっても人間にとってもよくない状況になっていることも意外と多いのだとうと思います。
地域の産婆さんみたいに(Dr.コトーのうちさんのイメージ ^^;)
何かあったらあの人に聞こう、という存在になれたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です