点と線

今日は担当犬のチェックデー。
普段は同じ教室にはいないトレーナーさんに、
犬の状態やトレーニングの進捗をチェックしてもらうのです。
自分でも気付いていたけれど、それほど大きな問題ではないと
思っていた点を指摘され、若干の軌道修正をすることに。
どうしても毎週見ている同じ教室のメンバーは、
「前よりよくなっている」「目標に近づいている」という点に注目しがち。
でも、いつも見ていないメンバーから見たら、
今日のその子の状態を評価することになる。
 
 
今日のことは日常のヒトコマの出来事ですが、
今後の教訓にしたいと思います。
日々犬達はいろいろなことを学習して成長している。
特にパピーの変化はとても大きい。
「前より」という見方は捨てて、
常に「今のこの子の問題は何か」を見つめ続ける努力が必要なんです。
線ではなく、点の視点が重要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です