公園の番犬

とある公園に、いつも同じ場所で結構長時間座って、
ノーリードで犬を自由にさせている方がいます。
そして、決まってワンワンと激しくほえています。
(ノーリードについては当然のこととしてここでの議論は省きます)
ちょっと暇だったので、今日は興味本位で観察してみました。
 
----
 
まず気づいたのは、この犬の行動範囲。
飼い主さんから50mくらいは離れて行動しているでしょうか、かなり行動範囲は広いです。
ですが、絶対にこれ以上は行かないという見えない境界線があることがわかりました。
そして、そのエリアに犬が入ってくると、そこまで行ってほえかかります。
小型犬とはいえ、ノーリードの犬がほえてきて、飼い主さんがどこにいるかもわからない訳ですから
(犬がほえていても飼い主さんはやってきません。。)
ほえられた方は、無駄なトラブルを避けるために大抵その場を離れます。
とこんな具合です。
 
----
これって、完全に「番犬」ですよね。
この犬が勝手に決めた「自分のテリトリー」があって、そこを守っている訳です。
たちが悪いことに、ほえたらみんな逃げていくからさらに強化されていくのです。
うーん、毎日のように同じ場所に長くいるせいからなのか。
公共の場であるはずの公園を自分のテリトリーにしてしまったのですね。
飼い主さんはこのことに気づいていないのでしょうか。。
----
 
そこで実験。
ほえる犬に向かって、凛といっしょに歩いてみました。
Heelをさせて、私と凛はほえる犬を完全無視です。
すると、飼い主さんの方までちょっと戻って、そこでまたほえ始めました。
ぷぷ、この犬案外弱虫だな、と思いつつさらに歩いていくと、
さらに飼い主さんのすぐ近くまで戻って吠え出したのです。
かなり動揺して吠え続けている感じ。
# ちなみに犬が自分の近くまできて、ようやく飼い主さんは叱っていましたが、
 まったく効果はないようです。。ほえは止まりやしません。 
 
 
それから、飼い主さんには悪いなと思いつつ、少し離れた所に背を向けて座ってみる。
しばらくは吠え続けていたものの、飼い主さんがなだめたのか数分後おさまりました。
5分くらいは座っていたかなぁ。
再度近くを通った時はほとんどほえませんでした。
しばらくテリトリー内に座っている姿を見て、
ようやく、私達は危害を加えない存在だと理解してくれたのでしょうか。
----
興味深い結果でした。
何気ない人の行動が、犬の行動を強化もするし消去もすることを、改めて実感です。
ほんとこれをいい教訓として私も気をつけないと。
 
----
 
凛は誘惑のHeelのいい練習になりました〜。えらかったぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です