私のコンプレックス。それは英語。
今年こそは克服するぞ、とスクールへ通い始めました。
 
 
さて、既にレッスンも4回目。4人の先生に会った訳ですが、
共通して言えるのは、みんなほめ上手だということ。
私の(かなり)たどたどしい英語でも、質問すれば「Good question!」とほめられ、
正しく答えられると「Excellent!」「Good job!」とほめられる。
レッスンの最後のレビューでも、今日はorieはこんなことができた
ここがよかった、と必ずほめ言葉から始まるのだ。
うまくできなかった点は、「次回はここも頑張ろう」と最後にプラスされるだけ。
うーん、欧米人の習慣なのか、そういう教育をされているのか、はわかりませんが、
これがやる気にさせてくれるのです。
どんなにうまく話せなくても、がんばろうと思えるのです。
 
 
あぁ、私達の仕事も同じだなぁと思いました。
犬に対して、飼い主さんに対して、「それでいいんだよ」という小さなYesを
積み重ねていくことで、大きなYesをつくるということは皆意識していますが、
改めて自分が何かを習う立場になると、それがよくわかります。
 
英語の克服だけでなく、大きなプラスになりそうです。
 
 
あとは、継続は力なり!1年間頑張って続けるぞー!
これも犬のしつけと同じ。習慣になるまで続けなければ意味がないのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です