今日は、今度の旅行で凛を預ける carer さんのお家を訪ねてきました。
お見合いみたいなもので、この訪問でお互いOKなら決定ということなんです。
 
とってもあたたかい雰囲気の方で、この日ちょうどステイしていた3頭のキャバちゃん達への接し方を見て、すっかり安心しました。
犬のプロじゃないから逆に良いのかな。知識的には一般の飼い主さんと同じレベルだけど、何よりも犬たちがリラックスしていることを一番に考える方で、凛もすぐになじんでいました。
 

英語で正確に伝えられる自信がなかったので、凛の取扱説明書を作ってみました。
(もちろん英語の先生チェック済み。)
 
事前に、脱走を心配している旨を伝えていたのですが、玄関を開ける前に必ず犬たちをリビングに入れていたし、お庭も完全に囲われているので心配なし、と見せてくれました。
お庭にも出入り自由、お家もちらかっていないし、どの部屋も出入り自由よ~、ととっても寛容な方。凛は早速2階に勝手に上がって探検してましたが、いいのよ~とおかまいなし ^^;
実際、無意味に脱走する子ではないのですが、ただ興味が勝ってしまうんですよねぇ。家では大丈夫だけど、どこかに泊まりに行ったりすると、全部の場所をにおいかがないと気が済まない=脱走。。
 
 
"Home Boarding" と呼ばれているこのシステム。
まさに、一般の家庭でいっしょに生活するんだなぁ、と実感。
 
これってまさに、ホームステイ。
私たちの知らない、イギリス人の生の生活を体験してくるんだなぁ。
何だか凛がうらやましい。 
 
ちょっぴり寂しいだろうけど、絶対に楽しい1週間になると確信できました。
 
 
おまけ。
 
carerさんのお家から歩いて行ける Parliament Hill。
Londonの街が一望できることで有名な丘です。
 

犬も景色を見ているのか?飼い主を待っているのか?
 

凛ちゃんも初めての場所でウキウキダッシュ♪
こんな人がたくさんいる場所でもノーリードできるようになったなんて、成長したねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です