久しぶりに晴れたので、
 

やってきました、海です。
歩いて行けるので、最近はお天気さえよければ、ここに来るようになりました。
 

コッチノガ アルキヤスイノヨネ。
 
快晴!風なし!
冬なのに、こんなに青い海。波が全くたってないの、見えますか?
 

ハシルーーー♪
 
今日は初めて砂浜に下りてみたよ。
左が海、右が雪。不思議な風景です。2つ海があるみたい。
 

タノシーーーーー♪
 
テトラポットのおかげで砂浜が作られているようです。
場所によっては、テトラむき出しなので、穴に落ちないように気をつけないといけません。
 
テトラポットの上を歩くのは、結構危険。危ないのでカメラなんて構えていられません。
犬が落ちたら自力では上がれない程の深さがある上、雪が積もっているとどこが穴かわからないのです。
なので、絶対に砂浜なんて下りれない!と思ってたら、今日は誰かの足跡を発見。
これは!!とその足跡の上を慎重に下りてきたのでした。
 
良い子の皆さんは、マネしちゃいけません ^^;
 
でも、こういう足場の悪い所って、いい経験になるんですよね。
凛も、雪歩きに慣れて、時々いきなり深くてはまる場所があるということは既に十分学んでいるので、むやみに足跡がない場所に行かなくなりました。
ちゃんと状況判断しているようです。すばらしい。
私の緊張感が伝わったのか、この時も、決して足跡から外れることはありませんでした。(とはいえ、念のため自分より先を歩かせ、いつでもSTOPのコマンドやリードで止められるように気にしながら歩いてはいます。)
 
足場の悪い山道のハイキングと同じで、かなり疲れます。。
良い意味でね。
 
 

ムム。
 
すごい大きさの倒木発見。
 

ナニモノッ!
 
突然、play bow で興奮走り。挑まずに逃げていきました。。
 

ナニガ アルノ?ミズ??
 
久々の探検に興味津々。
 

モドッテキタ。
 
ほんとに不思議な風景。しつこいですが、右は雪です。
ちょうど干潮の時に来たようで、こうやって歩ける場所が出現しているよう。ラッキー♪
 
すごいと思うのは、地元の犬たち。
いくつか犬の足跡もあったのですが、雪をかぶったテトラポットの上を縦横無尽に歩く足跡。
うーん、どこか穴か、本当にわからない程平らに積もっているのに、どうして落ちずに走れるんだろう。すごい!
  
そして、土手に戻る足跡は、なんとテトラを飛び越えて登って行ったので、凛は アタシ アルケルバショ ナイ・・・とばかりに立ち往生。ちゃんと足跡から出たら危険って、わかってるんだ~、と感心しつつ、だっこして登りました。
 

アー タイヘンダッタワ。
 
凛ちゃん、私たち、まだまだ内地の人間だねぇ。
来年には、あれ、できるようになるのかな。
 
 
 
おまけ。
 

猛犬注意。
 
かわいすぎ ^-^)
海に行く時に必ず通るのだけど、今日初めて看板に気がついた。
ジャッキーにはまだ会ったことがありません。
 
そういえば、近所の外犬も今週は見かけない。ここ最近、最高気温がマイナス5℃以下という日々なので、外犬もどこかに入れてもらった模様です。
 
散歩で会う犬も、外犬も、日本犬ばかり。
(家犬と家人は、こんな寒い日はあまり外に出ないようです。。。)
 
歩かないで止まっていると、すぐに震えだす凛と違い、地元犬はたくましい。外でも元気いっぱいです。
ジャックはイギリス出身ですから、もうちょっと寒さに強くてもよさそうなものですが、凛のおじいちゃんはオーストラリア出身なので、そのせいでしょうか??
彼らの毛のぶ厚さがうらやましい。
 
やっぱり犬も野菜も(?)、地元産に限る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です