写真を撮ってると、コミュニケーションがおろそかになる、という典型的な例。
2人と1匹で散歩している時、たまに写真を撮ってもらうのだけど、意外とおもしろい。
そして、時々反省。
 
犬のボディランゲージって、実はとってもわかりやすい。
どこを見ているか、しっぽや耳の位置などで、くるくる表現は変わっていくのです。
 
 

イッショニ アルク♪
 
広い場所でのお散歩の時は、"Off you go" が自由に歩いていいよの合図。人や犬が来たり、危ない場所などでは、呼び戻す、というのがイギリスで暮らして私たちのスタイルになった。
だけど、Heel の指示をする訳でもなく、不安な訳でもなく、なんとなくいっしょに並んで歩きたい気分の時もある。
 

ナニシテンノ?
 
海がきれーだねーー。ちょっと見てたいね。
犬はあまり景色がきれいかどうか、は関心がないけれど、つきあってくれる。
そんな瞬間がちょっとうれしい。
 

マタ シャシン・・・ コレガ ハジマルト ナガイノヨネ・・・
 
きれいだから、写真撮ってあげるよ。
(凛が嫌なのは知ってるけど。。。
いろんな場所に移り住んでいると、写真に残しておきたくなることがたくさんあるんだよぉ。。)
 

アッチ イキタインダケドナー
 
きれいに撮れてるかなーー。
 

ネェ ナントカ イッテヨ。(この写真を撮ってる相方に助けを求めてみる。)
 
はいはい、わかってるよー。行こっか。
わかってるんだってば、いつも私のわがままにつきあってくれてること。感謝してるんだよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です