1週間に一度は強風警報が出る札幌です。
そんな時は、暖かくなってクマ警報も終わった山がいいね。
 

この階段を下るのは、今年初。
 
何だかうれしくて
 
犬にも伝わったのかな、
ダッシュで下りていきました。
 

 
おばけほうれんそうは、水芭蕉。
今年はすっかり見逃しちゃった。
 

 
イギリスに行って勉強してから、むやみに走らせるよりも、
地面にしっかり足をつけて、ゆったりと歩くことの大切さに気づきました。
 
でも、こんな日はいいよね。
宙を浮いているかのように軽やかな犬なのでした。
 

 
森はしっかり緑が生い茂って、
 

 
冬の体調不良がうそだったかのように、元気な犬。
衰えた筋肉を取り戻すには、山でのお散歩はちょうど良いトレーニング。
 
 

 
あんまりしつこくクンクンしてると、
クマ?と心配になっちゃうけれど、
 

 
違った、、、犬、ね ^^;
 
 

 
誰もいない森にいると、聞こえるのは鳥の声だけ。
 
クマ鈴をちょっぴり邪魔で、しばし立ち止まってみたら、
大好きなストライプの葉っぱ。
 
今年も会えたね♪
 
 

 
犬もひとっ走り山を駆け上って、落ち着いたかな。
久しぶりの森は、雪の下で眠っていたふかふかの落ち葉が気持ちいい。
 

タノシーーーネッ!
 
この笑顔が見れたら、ますます私もうれしくなっちゃうよ。
 
 

 
森を抜けたら、ちょうど良いお天気で、
 

 
こんなの見つけたよ?
 
強風で飛んできたのか、ちょうどよい桜のスティックを発見。
アスファルトの道に戻ってきて、つまらなそうな犬を遊びに誘う。
 

 
坂道を転がる枝をとらえたかと思ったら、
  

 
やっぱりこうなる ^^;
 
一瞬、持ってくるかな〜、と期待したら、
やっぱり持ってはこない。
 

 
桜染めってあるけれど、かじったら赤いのが出てきました。
そんなに気に入ったなら、持っていってあげるよ。
 
 

 
芝生広場についたら、もう1回。
外でのおやつは、きもちいーーね♪
 

 
5分で飽きた・・・ ^^;;
 
ほんとはもうかじる気ないのに、
ほんとはあっちの犬が気になるのに、
なんとなく手放せなくて、
このまましばらく持ってました。
 

 
その先には、よさこいの練習も。
強風の中であんなに大きい旗を降るのは、大変だ〜〜。体育会系です。
 
 
しばらく眺めていたら、小さな小さな女の子がかけよってきて、
プチ犬のふれあい教室やりました。
 
犬の方も心得たもので、子供に背を向けてふせるよう言われたら、もうお教室モード。
うれしくて飛びつきたい気持ちを一生懸命我慢して、小さな子供に合わせてくれる。
 
 
この日はたくさん犬が来ていたのに、
私たちを選んでくれたとしたら、うれしいなぁ。
 
笑顔がとってもすてきな女の子でした。
 
犬を触って、さらにかわいい笑顔が広がって、
でもちょっと怖いから何度もお母さんとの間を行ったり来たり。
 
隣に座ってごらん、と言ったら伏せている犬の横に座って、
あったかいでしょ? と言ったらせわしなく動く手を止めて、
背中のあったかさを感じてくれた。
 
子供は本当に素直だなぁ、といつも思う。
自分の散歩でも、お客様とのお散歩でも、
こうして子供たちが触りたがった時は、いつだってプチ教室。
ちゃんと教えてあげれば、わざと犬が嫌がることをする子なんて、1人もいない。
 
人も犬も、みんな、どうしていいか知らないだけなんだよね。
お互いに仲良くなる方法を教えてあげれば、
最初から知っていたかのように、すぐに上手になるから驚きです。
 
一方的に犬だけを我慢させるのではなく、
子供たちにも犬の気持ちがわかるようになってほしいから、
そして、子供たちが犬とふれあった時に見せてくれる笑顔が何より。
 
 
このプチ教室は、私のひそかなライフワークになりつつあるのでした♪
 
  
  
 
 
おまけ:デビル凛。
 

 
かわいいフリして、これがホントの顔?
 
ま、あくびしただけなんだけど。
こんな顔見せたら、子供に泣かれちゃうね ^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です