2週間のイギリス行き、初日です。

相方の仕事関係でマイルがたまっていたので、ANAに乗っています。
私たちの席を担当してくれた男性が英語圏の方なのですが、ものすごく流暢な日本語!
すごいなぁ、なんて思っていたら、なぜか「テーブル出してください」を英語で言われました。
決まった言い回しは流暢だけど、イレギュラーなことには日本語出てこない。

で、よーーく聞いていると、
「すいません」「失礼いたします」「だいじょぶ?」が多いんです。

食事を持ってきた時も「すいません」、下げる時も「すいません」、何でもかんでも「すいませーん」。
キャビンアテンダントなんだから、誰か「お下げしてもよいですか?」とか「どうぞ」くらい
教えてあげてよねぇ。かわいそうに。

それがかわいくって、笑いをこらえながら、思いました。
ヒトノコト イエナイ ・・。

とりあえず Excuse me ! Thank you ! Please ! の3つで生き延びてる私。
お買いものだって、ごはん食べに行くのだって、Hello ! This one please ! Tahnk you ! で
なんとか通じますし。生きてくだけなら、これでもどうにかなるのよね。

あぁ、早くカタコトを脱したいです。。

きっと私の英語なんてこんなもの。

ネバーダ カラ キマーシタ
ダディ サガシテマース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です