たまにはきちんと、LONDON犬事情をレポートしなくては!

キッチンEnglish に引き続き、街角English しています。

学校が遠い相方に合わせて家を出ると時間が余るので、遠回りして学校へ行っています。
とりあえず目についたもの全部(交通標識、お店の看板、パーキングメーターの注意書き、、etc)を全部読めるようにするのだ。
看板の前で電子辞書を引いてる私はかなりあやしいけど、
これも人がほとんど歩いてない、この時間だからできるんですよ。。

今日は学校の近所の小さな公園へ Let's go !


看板の楽がきは万国共通。

大きくは2つ。
ゴミをゴミ箱に捨てましょう。犬のうんちを捨てましょう。

Dog owners can be prosecuted if they fail to clear up after their dog has fouled in the gardens.


すごいのがこの張り紙。

What sort of dog owner are you?

Public enemy    Regular retriever

Please be a responsible dog owner -bag it and bin it!

enemy=敵です。社会の敵?
結構シュール。まぁ、これくらい言った方がいいんだろうな、日本も。

最後の一文は、

きちんと飼い主としての義務を果たしてください。
うんちは袋に入れて、ゴミ箱へ!
っていう感じかな。
うんちを持ち帰ることに関しては、東京の方が進んでいます。
LONDONでは、さすがに街中にはあまり落ちていませんが、
公園ではまだまだ落ちてます。
しかも、うんち専用のゴミ箱が必ずあるというのに!


街角にはこんな看板も。

IT IS AN OFFENE TO ALLOW DOGS TO FOUL THE FOOTWAY
MAXIMUM PENALTY £100

うんち置き去りは100£の罰金です。
これは多分、LONDON全体ではなく、CAMDEN区の条例。
取り締まってるのは見たことないけど。

LONDON は何でも罰金だから。
(ちなみに、2週間以内に罰金を支払うと半額というのも結構ある。変な国。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です