ワークショップから帰ってきて翌日、早速学校も再開です。
そして、今日からAdvancedレベルに上がります。

今のレベルは、旅行や普段の生活では困らないレベル。
Advanced初日は、このレベルではこれ以上できるようになりたいというモチベーションをなくす人が多いという話を聞きました。私、バリバリありますってば、先生。

だって、このワークショップで実感しましたもん。
トレーニング自体も何とかついていけたし、凛がすばらしい活躍をしてくれて、何かを探す時は一番手に選ばれるくらいだったので、何とか居場所は確保できましたが、犯人探しは難しかった・・。知らない言葉はもちろん聞き取れないし、会話も他のチームに聞こえないようにひそひそ話だったりすると、ほぼ100%理解できず!
それでも、みんなでパブで夜のトレーニングまで時間つぶしをした時には、会話に参加できないまでも、同じタイミングで笑ったり、うなづいたり、できるように。

だから、ネイティブの人ともっとちゃんとコミュニケーションがとれるようになりたい。

1年もイギリスにいるし、そろそろこういう機会にチャレンジするレベルかと思っての参加でしたが、1:1で教わっている先生からは、途中から spectator じゃなくて handlar として参加したことを伝えたら、brave enough! と驚かれました ^^;
落ち込んで帰ってくるんじゃないかと、先生の方がハラハラしてたんだ、きっと ^^;;

でも、いつも何となくしかゲームのルールができていない私の番になると、皆さんいろいろフォローしてくれて、本当に助けていただきました。

きっと毎回そんなだからイライラしていた人もいるのだろうけど、あえてそれは気にしないことに。最初は人に迷惑をかけてまで参加してよいのかな、と遠慮した時期もあったけど、助けてくれる人にちょっと甘えてわがままに頑張ってみようかと今は思っています。
実際に、英語が理解できなくて Sorry と言った時、良い反応はありません。これって日本人的な感覚なのかなぁ。
それよりも、前向きに Thank you と言える方がずっといい、それがこの国の文化だと思う。

英語の勉強はエンドレス。
常にちょっと上にチャレンジし続けることが大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です