栃木最終日の今日は、再びみんなでトレッキングへ。
友人が1人じゃ不安〜、と言っていた滝を見に行くことに。
 

タッノシーーー
 

栃木に引っ越して来てから、山に目覚めた飼い主と犬。開花してきてます!
  

イックヨーーー
 
最初から張り切りモード。
やっぱり山は楽しいね。
 

ツイテクー
 
昔はこんな自然の中で離すのは不安だったけれど、イギリス生活ですっかり慣れました。
先に行っても待っていてくれたり、こんな風に友人についていったり。
 

ルンルン。
  
いい雰囲気でしょ?
でも、この道の細さを見てよ。しかも、先日までの台風であちこち崩れていて、ハイキングとは言えないハードさに。
 

トクイ。
 
こんな崖っぷちの道もあったりして。
人の方がすべらないようにヒヤヒヤです。
 

オイシイ。
 
小川のはずが、かなりの水量。
湧き水をくみに来る人がいるくらいのきれいな水。本当に透明で美しい流れでした。
 

ワクワク。
 
こんな下が見えるようなあぶなっかしい橋だって、ひょひょいのひょい。
コケですべるので、かなり慎重に渡ります。犬も予想と違ったらしく、いつものように走って通ろうとしたら、すべって隙間に足が落ちてました。
まぁ、こうやって自分で学ぶので、基本自然の中ではノータッチ。放任主義。
 
犬もちょっとチャレンジングな方が楽しそうなんですよね。
まっすぐ歩くだけなんて、つまらない、というアウトドア派です。
 

コレ、ミチ?
 
途中、あちこちでプチ崖崩れしていて、道に迷う2人と2匹。
ねぇねぇ、散策路だよね、これ。このあたりから、かなりハードになってきました ^^;
 

コッチコッチ。
 
人はゼイゼイ言いながら登ってても、犬には楽勝。
ちょっと待っててね。
 

ココデ アッテル?
 
途中、あまりに道が悪いというか道がない所を這い上がった所は写真が撮れなかったので、写真だけ見てると楽しいハイキングですが、、、いやぁ、これは2人で来てよかったね。1人だったら泣いてたよ。
さすがの犬も、2頭とも小型犬なので、道なき道は結構大変。よく頑張りました!

トッタドー。
 
ようやく見晴し台に到着!
 

ガンバッタ。
 
おベント持ってくればよかったね。
私なんて水も持って来てなかったし。
 
思ったよりハードだった!
 

 
じゃーん、目的の三滝。小さいけれど、美しい滝でした。
 
友人たちは前回来た時に道に迷ってたどりつけなかった場所。
途中で道が途切れる度に崖を登ったりと、まさに幻の滝。
帰り道にも、また道がなくなって迷うのだけど。。。
 

スウェル ハ??
 
においを追いかけて崖を降りたはいいけれど、登ってくれなくなったSwellを呼ぶみんな。がんばれー、登ってこーーーい。
 

タイヘン。。。
 
頑張れー。こんな急なガレ場を降りてくるなんて、初めて?
これ、元々ガレ場なのか、崩れたのか。。。
 
でも、きれいでしょ?
紅葉の時に来たら、絶景だろうなぁ。
 
 
そんなこんなで、3時間の山歩き。
一応本にも乗っている散策路なんだけど、シーズンオフだからか、台風の後だからか、ちょっぴりデンジャラスなハイキングでした。
私はこれくらいの方が好きだけどねっ!誘った本人はもういいそうです(笑)
 
 

すっかりお昼も過ぎて、おなかペコペコな時に見つけたこちらのお店。
 

京都の川沿いにあるような雰囲気抜群のお蕎麦屋さん、と、Facebookを使い始めたばかりの彼女。
 

手打ちの天盛りは、超当たり!
おいしかった〜〜〜♪
 
  
さぁ、もう帰らなくちゃね。
すっかり長居をして、たくさんの自然スポットに連れていってもらって、離れるのが名残惜しくなるけれど、帰らなくちゃ。
 

カエルノ?
 
帰りはちゃんと寝台特急「北斗星」。
かなり人気の列車らしく、予約をとるのは大変だったし、車内でも記念グッズが売り切れる程。
私はあんまりそういうの興味ないので、個室に引きこもりでした〜。
 

夜の出発なので、景色なし+めちゃ揺れでちゃんとは眠れなかったけれど、
朝になれば北海道。
 

噴火湾沿いをゴトゴトゆっくり目に走ります。
 

ホッカイドウ ノ ニオイ?
 
夜中は挙動不審になっていた犬も、北海道に入ってからは揺れも減ってリラックス。
個室なので、こっそり。。
 

ゲンカイ。。。
 
最後はぴったり寄り添って寝てました。
途中の車両故障もあって遅れたけれど、お昼近くに札幌に到着。
長旅おつかれさんでした♪
こんなに長居をさせていただいた+いろんな所に連れて行ってもらった小山のかおりちゃん始め、皆さん本当にお世話になりました。
次の関東遠征は、来年かな。またお会いしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です