雪の季節になってからというもの、真っ白な写真と、ひなたぼっこの写真、のワンパターンが続いています。。
ボチボチ、仕事もさせていただいていますよ。
でも、それ以外はどうにも出不精になっている今日この頃です。
イギリスから愛犬と帰国された新木さんの記事で、
時差ボケが本当に解消されるには3年かかったということを読んだことがありますが、
私たちも気候の違いに慣れるには、まだ時間がかかりそうです。
そんなことを言い訳にしつつ、ボケボケ・・・ いや、リラックス!(と言い切ってみる。)した生活を送っております。
 
 
朝の冷え込みは-10℃近い日が続いています。
元々朝が弱い私は、ますますお布団から出られません。
  

 
だって、目の前にこの顔があるんだもん。
 
と、犬を言い訳にして、もう一眠り。
そんなにべったりするのが好きじゃない犬なので、夜も自分のベッドで寝ていますが、
朝方寒くなるともぐりこんできます。
 
困ったのが、その度に起こされること。
 
なぜかというと、勝手に布団に入っちゃいけないって教えてあったんです!
子犬の頃は、ソファで寝ている人の顔をふんずけて歩くような子で・・・、
人のひざに乗ったり、ソファにあがる、布団に入る時は、私にOKを求めるように教えたのでした。
 
その成果か、きちんと人がいる場所はちゃんと遠慮する子になったのですが、
そのせいで、夜中でも顔をなめて起こすか、そばにオスワリしていたりするのでです。
 
でも、そのルールを教えたのは私。
「お願いだから、起こさないでこっそり入っちゃってよーー!」と思いつつも、
はいはい、とお布団に入れてあげるのでした。
 
一度ちゃんと教えたルールはなかなか崩れないものですね。良いことなんですが。。。
 
 

 
起きてみれば、お天気はよいけれど、強風注意報。
 
札幌のお家の屋根の多くは平らで、雪が落ちないようになっています。
家探しをしている時に、雪下ろしが大変では?と不動産屋さんに確認したら、
そのままでOK。風で飛ばされるから大丈夫、と言われたのを思い出しました。
 
ほんとに飛んでます。
ずっと気温はマイナスだから、雪は融けずにサラサラのまま。
積もって重くなるのは、北陸だからなのか、と今更ながら地方差を感じました。
 
実家のある新潟では、毎年雪の重みで古い家がつぶれたもしくはつぶれそうというのが話題になるんですよ。
そして、道路の雪は地下水で融かしていました。
ここでそんなことしたら、アイスリンクができちゃうね。
 

 
布団を追い出された犬は、ひなたぼっこスポットへ。
 
毎日平和です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です