今年もホリデー開催です♪
 
 
札幌に来て1年目、Eliさんにイギリスより近いからなどと説得されて(笑)
遠方からのお客様を迎えて合宿形式の Canine Holiday を開催させていただきました。
 
まぁ、イギリスで行われているような本格的なものではなくて、
マンツーマンのこじんまりとしたものですが、
 
私の夢を一つ叶えさせてくださったこと、感謝してもしきれません!
 
 
そして、今年もやりますよ〜〜
 
今回はなんと関西からのお客様!
 
札幌で1ヶ月の夏休みを過ごす中、
レッスンを受けることをご希望くださいました♪
 
 
暑い中、丸1日は無理だから、朝だけの小分けHolidayという新しい形に、
またドキドキワクワク。
 
さぁ、どうなるかな〜
 
 
 
そして、偶然なのか必然なのか、Holiday参加者は、皆さま英語が堪能で
イギリスに行きたい/もしくは行ったことがあるという経験の持ち主ばかり。

それに甘えて、1年目は英語のままの資料にしてしまったけれど、今年はどうしよう?
英語の方が楽だという方なので、結局そのままか??
私の方がもう英語についていけないかも(笑)
 
 
 
そうそう、帰国後1年目は、日本語が出てこなくて。
 
説明していても、単語が英語のままだったり、
英語で表現した方がわかりやすいなぁと思ったり、
 
と書くと、帰国子女ぶってて嫌な感じだけど、、、
 
イギリスで初めて得た感覚は、最初から英語で得ているものだから、
自分の中で日本語訳できる程、まだこなれていなかったのだろう。
 
そして、その理想を日本で実現したいと躍起になっていたのかもしれません。
 
 

2年目、すっかり日本人に戻り(=英語を忘れ。。。。。)
ようやく日本語で表現できるようになってきた。
 
きっとそれは、勉強したからとかではなく、
お客様とお話する内、皆さまの言葉で表現してくださったものを
私が取り入れていったのだろうなぁ。
 
土地柄や皆さんの感覚もわかり、それに合わせた表現ややり方が必要なのだと
ほんの少しアクセルをゆるめた感じなのかもしれません。
 
 
 
そして3年目。
石の上にも3年というけれど、すてきなご縁が増えてちょっとばかりてんてこまい。
 
改めて、以前に作った資料などをみると、英語感覚なままなことに苦笑〜。
今の自分の言葉でちゃんと作り直そうかと思ったりしています。
 
でも、ブログの改修をしながらちょっぴり昔の文章を読んでいたら、
最近イギリスでの感覚を忘れつつあるなぁ、と反省も。
 
もちろんそのまんまを輸入する訳ではなくて、日本の風土に合わせることは必要だけど、
今の現状に流されてしまっては何も変えられないですものね。
 
ホリデーは私にとってもたくさんのことを思い出させてくれる大切な機会になりそうです♪
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です