要求ぼえ・・

今日は1日お留守番の凛ちゃん。
帰ってくるといつものように大興奮。
でも、私がごはん食べ終わるまではサークルの中。
ふぅ、今日も疲れた〜とのんきにごはんを食べていると、
横からとてつもなく大きな声で「ワンワンワン!」
むむ?今のは「出せ出せ〜!」という要求か?
目も合わせずに無視をしていても一向に収まらない。
それならと、目を合わせないまま大きな声で「NO!」
怒られているのがわかったのか、「ファンファン」と
ちょっと声が小さくなる。
我慢しているのはわかるのだけど、まだほえてます。。
そこで最終手段で10円玉が入った缶を鳴らしてみる。
ここでようやくほえるのをやめて、いじけた表情でふせしました。
 
 
普段ほえることなんてほとんどないのに、なんだったんだ?
と考えて、思い当たるふしが一つ。
おとといのこと。
同じようにごはんを食べている時に「ワンワン」かなり大きな声でほえたのだ。
めったにそんなことがないので、もしかして今うわさの大地震が来るのか?
まさか、凛は予知ができるのか?と相方と大盛り上がり。
凛に向かって、いろいろと話しかけてしまったのです。
 
 
ほえる⇒気にしてくれる を学習してしまい、
それに加えて、昨日は興奮したジャック軍団がほえまくっているのを見て観察学習し、
試してみたのですね。
ふっ、その手にはのらないのさ。
要求ぼえなんて許さん〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です