午後は、家が決まったお祝い(?)にフィッシュ&チップスを食べる。


うーん、何度食べても普通。
どうしてこの国の食事って、品数少なくて多いんだろう。魚とポテトのみが山盛りです。
日本の小鉢の存在がなつかしくなる一瞬・・。

食べ終わったら、観光客が満載でスリに注意のピカデリーサーカスへ。
相方の元同僚の方がロンドンの大学院に留学しているので、待ち合わせです。


と思ったら、なんと通行禁止!デモ真っ最中でした。「Free Free, GAZA!」

後で調べたら、、
GAZAを支援するニュースをBBCが放映拒否しているとのことに対してのデモらしい。
まさにこの図を見ました!

パレスチナを支持するのか、イスラエルを支持するのか、どちらが正しいのか私はわからない。
でも、ここロンドンにはどちらの立場の人もいる訳で、ここでもやっぱり歴史の勉強が必要!
と実感する。デモに遭遇・・これぞ海外に来たという実感がする出来事です。
※とてもわかりやすい解説を見つけたので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
小林恭子の英国メディア・ウオッチ

そういえばこちらでは、テレビのニュースでもいろんな国のニュースを放送していますね。
スリランカの内戦だったり、カンボジアの難民だったり、日本にいたら知らないでいたこと。
私見ですが、世界を知ろうとする姿勢が日本には足りないのだろうか。
でも、これはデメリットでもあるけれど、メリットでもあるのだろう。
敗戦国だからなのか、他の国に無関心であることで、平和も保たれているように思う。

とても難しい問題だけど、そんな日本人の良い所を持ちつつも、世界に目を向けられたら、
と思いました。


ようやく会えて、すぐ近くの中華街へ。明日は旧正月ということで、とても華やか!
あぁ、中華だろうが何だろうが、ちょっとだけお米がなつかしい。

それにしても、中国人とトルコ人って、すごいと思う。
世界中どこに行っても(って、そんなに行ってないけど)、中華とケバブは絶対ある!

ちなみにお会いした方は、とってもとってもチャーミングな日本人の女性の方。
トランク1つでやってきて、スペイン人の会社員の方と同棲中(ラブラブ♪)。
EU内の人は、EU内ではどこでも働けるとのこと。ほんと、うらやましい。
日本人がイギリスで働くには、VISAとるのが結構大変です!英語力のチェックもあるし。

こうして何気なく過ごす1日も、とっても International 。

こういうのが文化を知るってことなのかな?
いろいろと考えさせられた1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です