ここ1週間、あたたかい日が続いています。

London に来て3週間がたちました。
言葉の面では、ほんとにお話にならない感じですが、
生活の面では、少しはなじんできたな~と感じることもあります。

今日のお題は、少しは London っ子に近づいたと感じた場面をあげよう!です。

・散歩でずんずん歩くようになった時。
犬がどこに行ったかなんて気にしてられません。犬はついてくるものです。

・人とぶつかったらとりあえずsorryが口をついて出てくるようになった時。
謝っちゃいけないのはトラブルにあった時だけ。日常生活ではsorryは多用します。

・£50が高いと思った時。(日本円だと7千円くらい?)
現金を持たないロンドンでは、£50札を出すと偽札じゃないかチェックされます。

・クリスピークリームドーナツを見て、小さいと思った時。
本気でそう思いました。日本にいた時は、何であんなに大きいんだろうと思っていたのに。

・朝からチョコバーが食べたいと思った時。
妊婦の人で、チョコバーは1日15本までと言われた人がいたとか。冗談?本気?未だ不明。

・じゃがいもがあればパンはいらないと思った時。
じゃがいもも炭水化物ですから。肉を頼めば、膨大な量のマッシュポテトがついてきますから。

・3月だけど、半そでもありだな、と思った時。
それくらい、急に暖かくなったんですよ。1日の内に季節が2~3個あるといわれるLondonです。

・英語じゃない言葉を判別できるようになった時
隣の人の会話で英語の勉強しようとしても、それはスペイン語だったり、アラビア語だったり。

・番外編:凛ちゃん編
のどが渇いて、汚い池の水を飲んだ時。
まだ獣医さんに行く英語力がないからやめてくれ~

毎日の放牧で、飼い主ともどもさらにたくましくなっていくのでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です