今日はHampsteadの街へ行ったついでに、初めてHeath本体へ行ってきました。
(いつも行く家の周りのHeathはExtention(分地)なので・・)
 
 
東京で行ったら代官山みたいな感じなのかなぁ。
高級住宅街のすぐ横に、巨大な森林公園があります。
 
 
日曜ということもあって、人がたくさん!
レジャーシートでなくて、キルトのカバーをひいている親子なんかもいて、おしゃれでした。
 
犬もたくさんいましたが、さすがにこの人の多さもあってか、リードをつけてる子が半分くらい。
どこかの池に入ってきたらしく、びちょびちょの子もいました。
 
 
ドッグラン??
 
 
ではなく・・
 
 
子供用の遊び場なんです。
 
大きな公園には大抵、フェンスで囲われた子供の遊び場があります。NO DOG が基本です。
ロンドンだけじゃなくてヨーロッパ各地で見ます。
日本の文化からすると違和感あるけど、こっちはこういう文化なんですね。
幼稚園生あがる前の子達がよく遊んでます。これはこれでいいな~と思いました。
 
入口が2重になってるのは初めて見た。ほんとにドッグランみたい ^^;
 
 
 
この子供の遊び場前で見つけた注意書き。
とりあえずDogの文字があったので読みたいのですが、その場では読み取れない。
写真を撮ってきて、家で解読しています。
 
どうやら、行政と地元の団体とで話し合って、規制を作っているらしい。
で、守ってない人が多い、という警告文らしい。
その規制というのが、
  
・うんちを持ち帰る
・子供用のエリアには犬を入れない
・1人4頭まで(特に dog walker を仕事にしている人に対して)
 
というもの。(どの程度の効力があるものかまではわかりませんでしたが・・・)
あとは、犬が野生動物をおどろかせたり、うんちが池や植物に与える影響についても書いてありました。
 
それでも、ノーリード禁止ではなく、control という表現なのがさすがイギリスなのだが、要は自己責任ということか。
見ていても、ぱっと見て問題になるような子がほんとにいないんですよね。
controlできない子は、ちゃんとリードをつけていたり、マズルをつけています。
 
今日は人が多かったので、凛ちゃんも on lead でした。
・・無理です! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です