一般の飼い主さん向けのトレーニングクラスに参加してみました!
だって、場所がお家のすぐそば、Hampstead Heath Extentionなんですもん。
Recall Workshop と名うっての1時間半の野外クラス。
申込段階からドキドキ。
英語の先生に添削してもらいながら、何とかメールでやりとりしていたのですが、当日は見事撃沈・・英語はほとんどパーフェクトにわかりませんでした(笑)
それでも、トレーニング内容はもちろんわかっていることなので、見よう見まねとポイントで聞こえてくる単語を手掛かりに何とかかんとか。

まだまだ英語の道のりは長いことを実感したのでした。。

それにしても驚いたのは、パピークラスでもないのに、10頭くらいいた内パピーじゃないのは凛だけ!
成犬で参加してるなんて、恥ずかしいくらいでしたよ。

パピーばかりですからもちろんうまくいかないこともありますし、
飼い主さんもすごくトレーニングが上手な訳ではないのですが、
やっぱりパピーからしつけをすることに対しての意識の高さには驚かされます。

日本では、こんな社会を目指してドッグトレーナーとして活動してきた訳ですが、改めてどう伝えたらこんな社会が作れるんだろう、と頭を悩ませてしまいます。
ロンドンでいろいろと見聞きする度、犬と人との関係のすばらしさを感じて、日本と正反対のような気がしてしまうのですが、
反面、トレーニングしている内容はほとんど全く変わらない。

結局は、

何を教えるか

ではなくて、

どう伝えるか

なんだな、と感じます。
まだまだ答えの見つからない課題に、悩み中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です