春というにはまだほど遠い景色ですが、
水面下で動き出した季節を見つけるとうれしくなるものです。
 
除雪が入らない河川敷の駐車場も、なんとか車が入れるようになって、
2ヶ月ぶりにやってきました。
 

シラナイ、ニオイ。
 
久しぶりの場所は、犬も念入りにクンクン。
笑顔になる程ではないけれど、震えるほど寒くもなく、足を高くあげて歩きます。
 

 
以前と変わらないように見える川も、雪解け水であふれんばかり。
こんな風に川辺ギリギリを歩けるのも、あと少しかなぁと思うと名残惜しい。
 

ウマラナイヨ。
 
連日のあたたかさで(といっても2,3℃ですが)、雪の表面はしっかり固まり、
もうズボッと突然埋まることもなくなりました。
 

コッチガ イイ。
 
実はこんな所を歩いていましたよ。
サイクリングロードは、いつの間にかしっかりと除雪されていて、
50cmくらいの壁ができていました。
早速、ジョギングされている方もいらっしゃり、
やはり季節が移り変わっていることを感じるのでした。
 

 
街路樹のヤマザクラも、芽吹き始めています。
うっすらと木の色が赤くなってきて、まだ開花には1ヶ月以上もあるけれど、
もう準備を始めているんだなぁ、と感心です。
 

ヨッ、ト。
 
そうそう、久しぶりに道路も歩いてみようよ。
 

ツメタイノ ヤダ。。。
 
雪のないアスファルトの暖かさを感じた後は、雪の上には乗りたくないようで。。。
でも、この後原っぱではまた雪の上をルンルンで歩いてたし。
 
何だかよくわからない好みですが、急に埋まるポイントがあるような場所と、
雪が融けて水びたしになっている所が嫌なようです。
 
ま、気持ちはわかる。
積もってるか、積もってないか、どっちかの方がいいよね。
 
 
7歳からシニアの仲間入りっていうけれど、ほんとだね。
無茶できない体になってきたということと、頑固になってきたということ、
両方で年齢を感じる冬でした。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です