TTouch Workshop♪


 
山が近い場所に住んでいるからかな、
ここに来ると、いつも空が広く感じられるので好き♪
 

 
こんな風に振り返ってくれたり、
 

 
写真を撮るのを待ってくれたり、
 
自然とそんな行動が増えてきて、いっしょに過ごす喜びを感じる今日この頃。
 
一挙一動がいとおしすぎて、仕方がない。
 
こんな風に私にたくさん合わせてくれているんだから、
私も犬に合わせてあげる気持ちを忘れちゃいけないなぁ、と思うのです。
 
 
 
そんな幸せなお散歩を終えてやってきたのは、TTouchのワークショップ♪
 
今までもTTouchの考えを取り入れた方に教わることが多かったので、
知らず知らず私も実践していた部分もあったのだけど、
実は、なぜかちょっぴり距離をおいていた。
今回はなぜだろうな。
きっとタイミングってあるのでしょうね。
札幌に来てから、また周りの方々に良い影響を受けて、
本などを読んで自己流でも勉強し始めて、
TTouchにムクムクと興味が湧いてきていたのでした。
 
 

(今回のワークショップを主催されたBach Network 北海道さんから画像をお借りしました!)
 
いっしょに話を聞く犬。
 
こうして私からちょっと離れて座るのは、
実は、私の緊張を感じているサイン。
 
ワークショップ中も時々離れることがありましたが、
それは、もう放っておいてほしいのサイン。
 
案外、わかりやすくメッセージを出してくれる犬です。
 

 
本当に落ち着いている時は(私も犬も)、こうして自分から側に来てリラックス。
今回はクレートを盾にして落ち着ける居場所を作ってみたのですが、
バスタオルをホリホリ、寝床を作っていました ^^;
 
こうして自分から来てくれたタイミングでタッチをするのが理想だと思うのだけど、
逆に眠りから起こしちゃったり、まだまだな私です(汗)
 

 
少しだけボディラップもやりましたよ。
 
これを巻いた時に落ち着けばOK、ということじゃないんですよね。
セルフコントロール力を持った子に育てる、というのは私にとっても永遠のテーマ。
TTouchでできること、しっかり取り入れられるようにさらに勉強したいなぁ。
 
 
 
知識としては知っていても自信を持って使えるテクニックになっていなかったTTouch。
間近で先生がタッチするのを見たい!というのが今回の一番の受講動機だったのですが、
やっぱりワークショップって大好き♪
 
テクニックもさることながら、根本となる考え方にとても共感できて、
一気にイメージがつかめた今回のワークショップ。
 
まずは毎日の生活の中から、少しずつ取り入れてみようと思います!
 
 
 
 
穏やかな中に凛とした空気を持つ先生のおかげで、楽しく充実の1日はこれで終わり。
そして、犬に対する想いが同じ方との出会いが、本当にうれしくて、
皆さんからパワーをもらって元気になって帰りました ^^)
 
 
 
 
 
追記。
 
翌日、車で移動中のこと。
この日はかなり暑くて、犬はパンティングを始めてしまったのですが、エアコンをつけてもうそれ程暑くないはずなのに、止まらない。
何だかやめるタイミングを見失っているような気がして、TTouchをちょこっとやってみたら、、、あら、ぴたっと止まりました ^^)
 
自分のサポートで犬が変わってくれた姿を見るのは、本当に感動です!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です