私自身、凛が4ヶ月の時に参加したパピーパーティーで言われたこと。
「呼んでも来ないのは、飼い主に魅力がないからだ。」
これはものすごくショックな言葉でした。
 
 
今トレーナーとして勉強をつんで思うことは、これは正しくもあり間違ってもいるということ。
初めての場所に行って初めての人や犬に囲まれて、という状況で
それでも飼い主の方が呼んだだけで戻ってくるなら、よほどの
怖がりさんではないだろうか。
子犬なら、いろんなことに興味があって、探検したくなる方が普通だと思う。
(トレーニングをつんだ成犬でしたら、戻ってこないのは問題ですが・・)
その反面、飼い主に魅力がないと言われるのも今ならわかる。
いくらcomeの練習をしても、人の方へ行くよりも犬と遊ぶ方が楽しければ
戻ってきたとしてもそれは我慢して戻ってきただけだ。
喜んで戻ってくるようにするには、やはり人の方が魅力的でなければ。
ジャックのように、もともと人に対する執着がそれほどない犬種の場合は特に!
 
 
前置きが長くなりましたが、そんな訳で今凛は
犬と無制限に遊ばせることをしていない。
「犬と遊ぶ」よりも「人間と遊んだりトレーニングをするのが一番楽しい」と
思ってもらえるように、意図的に犬と遊ぶ時間やタイミングをコントロールするようにしています。
そのかいあって、最近ちょっと私への執着が強くなってきたように思いますが、
まだまだかなぁ。。
 
 
しつけはオスワリなどの指示を教えるだけではなく、犬への接し方の問題が大きいと
再認識する今日この頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です