プチ多頭飼い

訳あって、家には今預かりっ子がいます。
そんな訳で、多頭飼いってこんな感じになるんだなぁ、ということをいろいろ実感する毎日。
よく言われるように、手間も2倍、お金も2倍なのは当然として、
一番痛感するのは、先住犬の再トレーニングの必要性。
そうなんです、預かりっ子が来てからというもの、凛がちょっと変わりました。
どう変わったかというと、、 
・ハイパーさが尋常じゃない。
 ジャックですからもともとハイパーですが、以前は家の中では比較的のんびり過ごしてました。
 ところが、預かりっ子が気になるのか、部屋中をだーーーっとダッシュしたかと思うと
 突然疲れてぱたっと寝だす始末。
 預かりっ子が何となく気になって、どこにぶつけてよいかわからない感情がわいているのかも。
 お散歩でも、ほぼ引っ張らないで歩くようになっていたのに、ここの所引っ張り気味。。
・所有欲が出てきた
 所有欲は出ないように育ててきたので、フードやおもちゃに対する執着は全くなかった凛。
 おもちゃなんて、他の子にとられてもとられっぱなしだったので、育て方間違えたかなぁ、
 なんて思っていたんです。
 ところが、預かりっ子が来てから、ようちえんでも真っ先におもちゃを加えて他の子に
 とらせないようになったんです。
 おもちゃに執着ある方がトレーニングしがいがあるので、これはうれしい誤算。
 # もともと所有欲が強くて、フードやおもちゃがある状態で人や犬が来た時に
  うなったり威嚇する子は別ですよ〜。凛はそれは出ないので、かえって歓迎なんです〜。
で、土日でみっちりお散歩して1対1でコミュニケーションとって、ようやく元に戻りつつあります。
多頭飼いの難しさはわかっいたつもりですが、先住犬への対応がポイントだということを
本当に実感しました。
この暑さでお散歩が×2になったので、ちょっぴりこたえているこの頃なのでした〜。
でも、勉強になることももりだくさんな毎日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です