今日から学校が始まりました。

クラスメイトは、コロンビア、ブラジル、トルコ、イタリア、日本。
たまたま私のクラスにはいなかったけれど、韓国人も多いそう。

で、やっぱりというか、予想通りというか、南国系の人はとにかく適当!
遅刻はするは、授業中おしゃべりするは、勝手に消しゴム使うは、宿題はやってこないは、、。
まぁ、愛すべき適当さです(笑)

尊敬するのは、とにかくしゃべること。

They don't know correct English, but they can speak English.
We know correct English, but we can't speak English.

が私の率直な感想。。

Grammer の時間は、え?と思う程簡単です。
Discussion の時間は、ほとんどしゃべれません。

ところが彼らは全く逆で、普段バンバン質問してるのに、文法の時間になると頭かかえてます。

国民性の違いもあるだろうけど、これって教育の違いですよね。
日本人は、自分の考えを言うトレーニングを受けてきていないんだろうなぁ。
英語の前に、まず意見が出てこないということが多いように思いました。
特に、環境についてとか課題があって語るならいいけど、
家族のこととか自分のことについて語るってあまりしないですよね。

ちなみに今日のディスカッションは、結婚と同棲のメリットデメリットについて。
日本ではこういうプライベートなことって、タブーまでいかないにしても授業ではありえない!

言葉の勉強は、文化の勉強。
主張する文化に慣れなくては!と痛感したのでした。

そういえば、犬の世界にもそういうのってあるのかな。
凛から見たら、「なんであいつらあんなにボールが好きなんだろう。」とか「なんであいつらあんなにベタベタしてんだろう。」とか、犬種が違うと不思議に思ったりするのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です