Animal Bleesing

 
ようやく1年越しの夢がかないましたよ。
roloさんとは何度かお会いしていましたが、スクービーちゃんとは初めて。
最近体調を崩してしまったり、関節炎で長い時間は歩けない、という不調もありますが、
14歳とは思えない愛くるしさにやられっぱなしでした♪
 
さて、どこへ行ってきたかというと、、
 
 
Kensal Green にある St. Martin's church。
 
ん?犬といっしょに教会?
さすがイギリス、と思わないでくださいね。こちらでもめずらしいことだそうです。
10/4 の St. Francis Day を前に、The Mayhew Animal Home主催で行われた Animal Blessing and Thanksgiving Service に参加してきました。
 
 
聖フランチェスコというと、私は小鳥に説教をしたという伝説に基づいた絵画とピアノの曲があることくらいしか知らないのですが、西洋人としては珍しいほど自然と一体化し平和を唱えた聖人と知られているそうです。(私は宗教的なことはよくわからないので、この辺で・・)
 
 
たくさんの犬が来ていましたよ。お説教の途中でウォーンと吠えちゃったり、今まで参加したことがあるミサのような神妙な雰囲気というより、ほほえましい1時間。
動物にまつわるお話を聞き、彼らの幸せを願い、私たちの動物への非情に対する赦しを乞う。歌も動物にまつわるものだからか、ようちえんでみんなで歌うようなかわいらしいものばかりで新鮮でした。
 
 
1匹ずつ牧師さんから祝福をもらいました。
 
 
この子は写真を持ってきていました。おそらく亡くなった愛犬のものでしょう。
そして偶然にも、語学学校の先生にばったり。彼も今年1月に愛犬をなくし、その子のことを想うために来たのだという。何か事情があるのだろうなぁとは思っていましたが、私が聞き取れていなかっただけなのか、先生が黙っていたのか、亡くなっていたとは知らなかった。今まで犬のことを聞いたりしていたことが、申し訳なくなってしまいました。と同時に、こういった場で静かに想う時間って、すてきだなぁと思います。きっと、天国で想いを受け取ってくれたよね。
 
 
私は、日本人的な感覚で、帰国時の飛行機での無事を願おうかと思ったけれど、神社じゃないんだよね ^^;
未だに教会のお作法がよくわかりません。神聖な気持ちになれることには変わりないのだけど。
 
 
ミサが終わった後は、Mayhew のガイドツアーに参加。
以前にオープンデーにお邪魔した時には見れなかった、犬のブースも見ることができました。
 
 
こちらが犬のブース。
お天気が悪かったので暗く見えますが、Mayhewでは鉄格子のケネルではなく、すべて木で家庭と同じ雰囲気になるように作られています。中にはベッドはもちろんテレビまで!
実際にこの方法を取り入れてから、吠えなども問題も減ったとのこと。すばらしい。
 
 
各部屋にはスポンサーがついています。寄付の方法は様々です。
 
 
屋外にはネコがたくさん。犬小屋じゃなくて猫用なんですよ。
この子達は、catteryの環境でストレスを感じたり、人が苦手な子達。Rehomingには適さない子も多く、こうして自由に過ごしています。
 
 
いつでも自由に外出して、いつでもごはんを食べに帰ってこれるようになっています。
もちろん去勢済み。
 
 
こんなかわいい工夫も。隠れて食べたい子用。
 
このように、犬も猫も(時には、うさぎ、馬、くじゃくなんかも来るそうですが)、Mayhewはその子がストレスなく過ごせるようにという工夫がちりばめられていて、動物たちへの愛情が感じられる、大好きなチャリティー団体です。今の私には引きとることはできないけれど、Facebookで流れてくる里親情報はいつもチェックしてしまう。
 
 
応援の代わりに、オイスターカード入れを買いました。
 
Battersea や Dogs Trust 程大規模ではないから、収容数も多くはない。
特に猫用のスペースが満杯で、足りなくなりそうだという緊急アピールが出ていた程。
 
引きとる人もいるけれど、捨てる人もいる。
赦しを乞うだけではなく、何か行動しなくてはなぁ、といつも思ってしまう。
 
やっぱり早く仕事再開しなくちゃ。
 

Comments(2)

  1. 葉月

    こんなに素敵な集まりがあったんですね。
    犬のブースも見られたんですね。私も今年のオープンディのに行った時に
    見られなくて残念だな………と思っていたんです。
    猫たちのスペースが足りないというのもニュースレター、メールで届いていたので
    何も出来ない自分に憤りを感じてました。
    何かしなくては。
    オイスターカード入れがあるんですね!!
    私も絶対に買います!!
    なんだかとっても暖かい気持ちになる日記でした。
    本当にいつも勉強になります。

  2. オープンデー行かれてたんですね!イベントの際は、犬のストレスや衝動的にrehomeするのを防ぐために、見学NGにしているようです。今回は人も少なかったからかなぁ、ラッキーでした!
     
    オイスターカード入れ、freeなんですよ。以前に駅でも配っていたそうです。とはいえ、必ず募金はしますけど。金額は任意ということで ^^
    そうそう、ここの猫ちゃん達、フレンドリーな子が多いと思いません?全然隠れたりしないし、寄ってくる子も多数。きっと毎日スタッフさんにかわいがられているんだろうなぁ、という感じでした。あぁ、アレルギーなければなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です