電車に乗ってやってきたのは、新百合ヶ丘にある 犬の家 WanPeace
以前勤めていたドッグトレーナーの学校の時の教え子さん2人(っていうのも、何だかおこがましいんだけど・・)のお店です。
 
久しぶりにパピーがたくさん集まる場所に行って、幸せ♪
やっぱりパピーはおもいしろいな~、犬のようちえん時代を思い出しました。
でしゃばって、ちょっとだけトレーニングにも参加させていただきましたが、Sheilaに教わったことがそのまま活かせてうれしかったのと同時に、やっぱり都会の犬たちのストレスレベルは高いなぁと実感するのでした。
 
凛は大人の犬らしく、子犬の遊びには参加せず、やんちゃする子だけしっかり教育的指導。
大人になるにつれて、許容範囲が広がるのか、むやみにちょっかい出したり、叱りにいったりしなくなりますね。最小限で効率いい。でもって、おどおど犬には、ちょっとだけ様子見に行ったりして、相手の様子をよく見てるんだなぁと感心します。
そういう小さなボディランゲージを、私が読み取れるようになっただけかもしれないけど。
凛は昔からやってたのかな。。犬のボディランゲージって、本当に気付かないくらいわずかな動きなんだと学んだことが、この1年半の大きな収穫です。
 

Wan peace の2階は本当にリビングみたいで、ステキです。
こんな風にソファに座って、犬たちが自由にしていられる中で自然にトレーニングできるように、というお2人の想いがつまっています。
 
お話していて、とっても刺激を受けました。
経験年数でいったら私の方が長いかもしれないけれど、まだまだ苦労はあるでしょうけれど、やっぱり自分の力で教室を開いて、お客様を集めて、、、って簡単なことではないから。私も早く追いつけるように、遊んでばっかりいないで、仕事しなくちゃな~、と反省しながら帰りました。
次にお会いする時には、同じ経営者としてお話できるように ^-^
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です