Why are we here…?


富士山を通り過ぎて~

バッグの中で我慢し~
 

ちびまるこちゃんに会い~
  

ロープウェーで日本平を越え~
 

石畳を登り~
 

ようやく到着しました、久能山東照宮
 

絶景かな。徳川家安お気に入りの景色。
  

さらに山を登ると、家康のお墓。本物ですよ~。
 

その一角には、御神木の「金の成る木」。
金の成る木はなんぞや、の問いに、万事のよき、慈悲深き、正直の3つの木を書き、これを常々心がければ富は得られると家康言ったそうな。
金運にあやかろうと、御神木にお金をねじ込もうとしているおばちゃん達に、お賽銭を回収しているお坊さん(?)が、御神木も生きていますからね、と止めに入る。ちなみに、この木は樹齢300年程度、家康の死後、ちょうど良い場所にちょうど良くまっすぐそびえるこの木を、御神木として定めたそう。お賽銭を集めるついでに、ガイドして回ってくれました♪
 
もう一つのトリビアは、家康のお墓の裏にある馬のお墓。
家康の愛馬は、死後ここで飼われていたのだが、ある日いなくなる。そして、家康の墓の前で寄りそうように亡くなっていたのを哀れに思い、異例中の異例だが、家康の墓と同じ敷地に埋葬されたとのこと。ちなみに、この白馬をモデルとした御神馬は日光東照宮の有名な彫刻家と同じ人の作とのこと(名前忘れました・・)。閑散期ならではの、無料ガイド。サービス精神旺盛な方で、何かのぞきこんでいる人がいると、何かと解説していましたよ。

 

本殿は煌びやか。国の重要文化財らしい。
 

本殿の片隅には、なんとガンダム。
静岡と言えば、プラモデルの街。バンダイさん、家康モデルのガンダムを奉納してました。
 

で、静岡の街に戻り、実物大ガンダム。。。
 
いや、実はこれが本題だったんですねぇ。。。。。
私もガンダム世代のはしくれ、気持ちはわかるけどねぇ。。。。。。
どうしてもこれが見たいという相方に、それだけのために行くのか!?と日本平散策を追加したのでした。
 
東照宮は犬OK。トイレをさせないでという注意書きをもらった以外、注意書きも何もなくて気持ち良く参拝できました。きちんとマナーを守って、周りに迷惑をかけないようにしていれば、受け入れられる。犬を見て笑顔になる人の方が多いことに、うれしくなります。
ただし、その間の交通機関はすべてバッグの中。犬にとっては、あまり良い旅行とは言えませんでした・・というか、こんな所まで車なしで来る人いないんだろうけど ^^;
この1ヶ月だけとはいえ、車なし犬連れ旅行はまだまだ難しいなぁ、と実感。
 
東京最後の旅行がガンダムとは・・ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です