久しぶりののお呼ばれ講師。
 
札幌でドッグマッサージを広めているすてきな皆さま、
Wanもみさん主催のワークショップの講師を勤めさせていただきました。
 
 

 
 
午前の部は一般の方向け
「ほめるしつけ〜犬の気持ちになってみよう〜」
 
午後の部はセラピストさん向け
「マッサージにいかす、犬と仲良くなるコツ」
 
そんなお題をいただいて、お話をさせていただきました。
 
  

(緊張で固まってしまう子、他の犬と遊びたい子、飼い主さんに助けを求める子、
 吠えて追い立てる子、食べ物に目がない子、ひっそり静かな子、etc
 Good or Bad ではなく、それが性格。今日もいろいろな子に出会えました♪)

 
   
吠える、戻ってこない、引っ張る、
どうしても行動が目立つ子は注意したくなるけれど、
 
表現の仕方はみんなそれぞれ。
吠える子と吠えない子の、心の中のストレス度が実はいっしょということも。
 
だからこそ、「行動」ではなく「その子の気持ち」を理解して、
苦手克服のサポートをしてあげられるよう、皆さまといっしょに
「犬への伝え方」を考える1日でした。
 
今日も「伝わった!」といううれしい瞬間がたくさんありましたよ。
 
 
 
わかりやすいから「しつけ」という言葉を使うけれど、
本当にお伝えしたいのは、愛犬との会話の仕方。
 
もちろん本当に犬の気持ちが全部わかる訳じゃないけれど、
ちょっとしたコツがわかると、見えることは絶対に増えてくる。
 
犬が何を考えているか、よ〜く観察して、
犬がわかるやり方で伝える、
 
案外そんな単純なことなんだよね。
 
 
 
Dog-centred だから、と言えば聞こえはよいが、進行は犬次第。

相変わらずバタバタのダラダラですみません、、、
 
そんな進行に関係なく、もれなく全頭大進歩 ^^
とーーーってもがんばってくれた犬たちがいとおしくなりました♪
 
 
 
普段の1対1のレッスンとは違うシチュエーションに、
私自身もまたたくさん勉強させていただきましたので、別途レポートを書こうかな。
 
こんなすてきな機会をくださった、Wanもみさんには本当に感謝です ^^ 
 
 
 

  
 
でも、、、なんとなく「今日はよかった!」とはしゃげないのは、
いつもこんな時、相棒として見本を見せてくれていた凛がお休み中だからなのかな。
 
セラピストさん向けの講義には、今まで撮りためてきた写真なんかも使ったけれど、
凛がいてくれたら、説得力200%増なんだけどなぁ、と改めて思う。
 
何だか自分の実力を試されている気分です。
 
休んでる上司に、報告書を持参する部下な感じ…? ^^;
 
 
 
りんこ先生、今日の私はいかがでしたでしょうかね?
 
 
 
※ 写真はWanもみメンバーさんよりいただきました。ありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です