sensitive な話題ですみません。。
でも、やっぱり率直な感想として残しておきたくて。

cruftsのアリーナでデモンストレーションを見ていて、ふと気づいた。
みんな白人だ。しかも結構白い方の。ほとんどの人が純粋なイギリス人なのだろう。
自分自身もここではマイノリティだし、人種のことはあまり言いたくないが、事実は事実。
近所で見かける、ユダヤ人も黒人もアジア人も、ほぼ見かけませんでした。

実は、昨日初めて凛を連れて Golders green の駅周辺を散歩したのですが、
犬連れの時の方が変な声をかけられるんです。
犬連れ=経済的余裕がある、なのかな、と昨日のことを思い出していました。

職業によって、肌の色の違いもかなりあるし、
人種の問題って、日本だと経験がないから、ほんとに難しいなぁと感じます。
でも、それこそ海外に来たからには、きちんと受け止めていかなくては、と思います。

そして、犬好きな人はやっぱりいい人が多い!
これは万国共通だと改めて思う。
Heathは安心できる場所だけど、
やっぱり駅周辺などはまだ"スキを見せないように"と緊張します。
でも、cruftsの会場では、一切緊張感がいらない。
犬好きっていう共通項があるからか、どの人もとても親切で、やさしい。

とてもなごんで、やる気がわいた1日なのでした。
私も日本に帰ったら、絶対海外の人にやさしくなりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です