あなたが犬に教えたいことを箇条書きにするとしたら、どんな順番になりますか?

最近よく読んでいる雑誌「your dog」の今月の特集「10 vital things to teach your dog」を参考にしてみましょう。ちょっと意訳ですが、私なりに訳もつけてみます。

1 Being with people, and cooperating with them, is highly rewarding
人といっしょに過ごすこと、いっしょに何かをすること=良いことがある

2 How to cope with being alone
お留守番

3 Being at ease with new things
新しいものに出会っても驚かない(社会化)

4 The 'Quiet' command
「静かに!」の指示

5 How to travel quietly, and at ease, in the car
車で旅行すること ~楽に、静かに

6 The 'Watch me' command
「こっちを見て!」の指示

7 The recall command
呼び戻し ~ノーリードで

8 Lie down and stay down
「ふせ」「まて」の指示 ~落ち着かせるため、危険から守るため

9 The 'Stop' command
「ストップ」の指示

10 The 'Leave it' command
「離れて」の指示

お国柄がよく現れているというか、子供も犬も、お留守番をさせることがとても少ないこの国では、お留守番について書いてあることは少ないです。
私が犬を飼っているというと、学校に行っている間は犬はどうしてるの?と必ず聞かれます。

指示もたくさん含まれていますが、あくまでも外でノーリードで、エマージェンシーの時でも使えることが前提です。

当たり前のリストのようですが、まさに凛を育てた時に感じたこと、そしてロンドンに半年暮らし、試行錯誤で凛との付き合い方やトレーニングも変わって感じたこと、が凝縮されています。
この10項目がストンと自分の中にはまりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です