1日目は基本的なトラッキングのトレーニングを行ったので、今日からその実践。
実際に石の下や倉庫の下などに、犬に教えたガンオイルとコカインににおいのついた綿棒を置いて、犬が探します。
凛は Firearm dog になりました。銃を見つける探知犬です。
(コカインだと、本当にロンドンの街中で見つけてきそうで・・ ^^;)

最初はガンオイルのにおいとrewards(おやつやおもちゃ)を同じ場所に置き、においを見つけるとごほうびがもらえると教えていきます。
私たちはまだトレーニング中なので、犬が「何かを見つけること」にセルフモチベーションを持てるように、覚えた後も時々おやつやボールといっしょにモノが隠してありました。

凛の能力を考えると、おやつといっしょなら凛が見つけることは確信していましたが、なんと数回教えただけでちゃんと「におい」のみでも探し当てることができるように。
トレーナーの先生の車に隠してあった銃(においのみ)も見つけました!
まさにテレビで見る探知犬だ~~

そして、夜のトラッキング。
トレーナーさんが事前にフットパスのあちこちに、何かを隠して行き、私たちはグループに別れてそれを探していくのですが・・畑のそばのフットパスだから、もちろん街灯なんてなし。
ヘッドライトも禁止。しかも雨!
(っていうか、みんなヘッドライト持参だった・・・長靴とウォータープルーフパンツも・・・)

トレーニング中は、どうしても人間の方が先に視覚的に気付いて誘導してしまいがちだけど、何も見えないからどこに行くかも犬の鼻だけが頼りです。

今日さかんに言われたことが「Life experiences」という言葉。
夜のトラッキングが直接何の役に立つ訳ではないけれど、非日常の経験をつむことで、犬も(人も)どんどん自信をつけることができるんです。

まだこのトレーニング自体が初日の凛は、一つ目を見逃しましたが、その後は見事!
土の下に埋められていたノートとペンを見つけました。(これが事件をとく鍵になるのですが、英語がちゃんと聞き取れないからさっぱりわからん。。)

犬の能力をみくびっちゃいけませんね~。
今までは人間が信じていれば犬はできる、と思っていたけれど、人間が信じていなくたって犬はやるんですな。

凛との参加は今日が初日でしたが、最後にはしっかり自信を持てるようになりました~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です