http://www.dogmagazine.net/archives/5267/no-need-to-panic-over-rabies-threat-says-vets/

現在イギリスは日本と同様、狂犬病が発生していません。
そのため、日本からの入国の場合、6ヶ月の検疫(空港近くの犬舎から出られない)が免除されています。

EUの大陸内では、PET TRAVEL SCHEME により、人間が入国審査が要らないのと同様、犬も検疫がありません。
が、イギリスは人にも犬にも、ちょっと違う立場をとっていて、入国がかなり厳しいのです。
狂犬病発生国からの入国は、現在一律6ヶ月の検疫が必要です。

記事にもあるように、EUの基準に合わせるかどうかの議論があるようですが、それ程大きな問題ではないという意見も上がっている所が興味深いです。
日本はアジア各国からの人、動物の入国が増えることを考えると、もっと問題視すべきだという意見が多いように感じましたが、全く逆ですよね。

日本からの入国者にとっては良い方に転ぶのか悪い方に転ぶのか正直わかりません。
この議論に関わらず、法律はしょっちゅう変わるので、これから犬といっしょに入国する方は必ず最新情報を問い合わせてくださいね。

私たちも帰国の準備をそろそろしなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です